池の漏水にお悩みならFRP防水工事を施そう

池の防水対策に選ばれているFRP防水を知ろう

最低限確認しておきたいポイント

池の防水工事は地域の防水工事を請け負う造園業者や建設業者に依頼することができます。錦鯉を飼育している家など動物用の池として安全に防水工事を行う動物池専門の業者も存在しているので、自宅の池の用途に応じて業者を探しましょう。

池の防水工事は個人では難しい

池の防水工事を依頼する時には、防水工事に対する建設業許可を持っている業者か確認をしましょう。その中でも1級防水施工技能士資格や建築士資格(1級または2級)を持っている方が在籍し工事を施工する業者を選ぶことが大切です。これらの資格を有していなければ、建築業法に基づく仕事を受けることができませんし、資格を持つことで実務経験、学歴などをそれぞれ満たしていることが証明されるという信頼にもつながります。できれば施工例をHPなどで例示している業者をチェックされるといいですね。

池の防水に関するQ&A

池の水を抜いた時の圧力の関係を認識しているかどうかも大きなカギとなります。止水ができていなければ、FRP防水の下地処理が全く意味をなさない物となります。また、すべての池にFRP防水が適応できるものではありません。それぞれの池の条件に合った防水工法を選択し、クオリティの高い防水層ができることも求められます。日曜大工のレベルでの池の工事をすることはできないととらえましょう。

メンテナンスをこまめにしよう

耐久性が高いFRP防水でも、こまめにメンテナンスを行うことで、素材の劣化を防ぐことができます。紫外線が強いエリア、水中という環境でも対応可能です。 ?

TOPボタン